リロケーションという住宅管理方式

 リロケーションという住宅管理方式

家をどうするか?それを相談するために、友人・ご主人共々、知り合いの不動産屋さんの元へ足を運んだとの事です。
海外赴任に伴い一家全員海外に移住すること、赴任期間は長くなりそうだということ、売却などの処分はしたくない旨を告げ何か適切な方法はないかどうかを尋ねてみたそうです。

すると不動産屋さんから「リロケーション」という方法を提案されたそうです。

私は、リロケーションという言葉を初めて聞きました。友人はリロケーションについて説明してくれました。
掻い摘んで言うと、リロケーションとは、主に、転勤等によって留守になった住宅を賃貸物件を貸し出すという事らしいです。
一般の賃貸とは異なり、貸出期間に一定の期限を設定した上で、留守になった住宅を貸し出すとの事。賃貸期限が過ぎれば、入居者は必然的に住宅から立ち退くことになります。入居者との立ち退きトラブルが発生しにくいシステムなのだそうです。

友人が相談に行った不動産屋さんではリロケーションを業務として取り扱っていたそうです。
不動産屋さんの方で、入居者の募集や建物や設備の管理等も行ってくれるとの事でした。また、賃貸中に何か住宅に関するトラブルが発生した場合は、対処してくれるという事でした。
友人・ご主人共々、その不動屋さんにリロケーションによる住宅賃貸をお願いすることにしたそうです。

友人は、これで安心して赴任地に向かう事ができた、と言っていました。


分かり易い説明でした。これだったら、従業員の皆さんも、ITセキュリティの勉強に取り掛かりやすかったものだと思います。

重大な問題。家のこと。

 重大な問題。家のこと。

「英語 専門学校」には、彼女・ご主人共々時間の許す限り通ったそうです。子ども達も同様に、英会話教室に通わせていたとの事です。
一方で、海外赴任の方も段々と具体的なものになり、本格的に他の準備もする必要が出てきました。準備に関しては、やらなければならない事が沢山あり、思った以上に大変だったと言いました。何せ初めてのことでもあり、分からない事の方が多く、四苦八苦しながら準備をしたそうです。
友人とご主人だけでは手に負えない場合もあり、その場合は彼女のご両親が協力して下さったとの事でした。

ある程度準備が完了し、友人・ご主人共にホッと一段落したのもつかの間、大きな問題があることに気が付いたそうです。彼女達が現在生活している家です。
ご主人が幼少期から過ごしてきた家、また亡くなったご主人のご両親との思い出が沢山詰まっている家。売却して処分するなんて事は全く考えられなかったと言います。
だからと言って、空家として放置するわけにもいきません。残る選択肢として考えられるのは、この家を賃貸住宅として貸し出すことでした。
しかしそれでは、友人達家族が帰って来た時、入居者がいた場合はこの家に住むことが出来ません。その場合、入居者の方に立ち退きをお願いしなければならないのですが、その際にトラブルが発生しないとも限りません。

ご主人と知恵を絞り合い、何とかならないものかと考えてみたそうですが、ほとほと困り果ててしまい、知り合いの不動産屋さんに相談することにしたそうです。

 

子どもたちも英語教室へ

 子どもたちも英語教室へ

「英語 専門学校」に通い続けたお陰で、彼女の英会話の能力は向上し、日常会話であれば難なくこなせるまでになりました。
彼女は最初、日本人講師の方としか会話ができなかったそうです。ネイティブの方と会話するのに自信が持てなかったとの事でした。
しかし、レッスンを重ねていくうちに自信をつけ、外国人講師の方とも話せるようになっていったそうです。
また一方で、彼女は、パート勤務で人見知りを大分克服する事ができたと言いました。そのお陰で、グループレッスンにも積極的に参加するよう出来るになり、それが、英会話の能力の向上につながったとの事です。
これで、いつ海外赴任の日が来ても大丈夫と、自信がつき安心できたそうです。

専門学校から帰宅しても、1人でスピーキングをしては、言い回しや発音の練習を日々行っていたそうです。
すると、英語を話す彼女を見て、子どもたちは興味を示して彼女に対し言ったそうです。僕たちもお母さんと同じ事をしたい、と。

彼女とご主人の通う「英語 専門学校」には、幼児用のクラスはありません。彼女は、幼児対象の英会話教室を探すことにしました。幸い彼女の実家近くに、幼児用の英会話教室がありました。彼女は両親に話し、子ども達をそこに通わせることにしました。教室までは、彼女の両親が送り迎えしてくれることになりました。
子ども達は教室から帰ってくると、その日に習った英会話や英単語などを、はりきって彼女たち夫婦の前で披露してくれたそうです。